編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ローソン、BI「Domo」を導入--ネットスーパー事業のビジネス生産性を向上

NO BUDGET

2017-08-18 14:18

 コンビニエンスストア大手のローソン(東京都)は、ビジネスインテリジェンス(BI)ツール「Domo」を導入した。ネットスーパー「ローソンフレッシュ」事業において、ビジネスの生産性向上と意思決定の迅速化を支援する。ドーモが8月17日に発表した。

 ローソンフレッシュでは、生鮮食品から日用品まで数多くの商品を取り扱うだけでなく時短商品の開発を手掛けるなど、顧客の利便性を重視した事業を展開している。Domoは、その事業の中で変化し続ける顧客ニーズをくみ取り、売上や購買単価などの日々の販売データから、ウェブサイトのアクセス状況などのマーケティングデータまで多種類の情報をリアルタイムで統合、視覚化し、経営層に対して意思決定に必要な情報を提示することを可能にする。

 Domoの導入により、集計分析作業の削減とビジネスの生産性向上が期待されるほか、ダッシュボードを共有することで、次の会議を待たずに上長へのレポートを提出し、適切なタイミングで意思決定を仰げるようになるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]