海外コメンタリー

ブロックチェーンはいかにセキュリティを変革するか

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2017年09月19日 06時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セキュリティの専門家たちによると、ブロックチェーン技術は暗号通貨の交換に用いられるだけでなく、セキュリティを向上させるソリューションとしても利用できるという。

 法人向けのソフトウェアとソリューションを手がける企業Synopsysの技術ストラテジストであるTravis Biehn氏によると、ブロックチェーン技術はセキュリティ分野における「決め手ではない」ものの、金融取引を記録する方法としてだけでなく、IoTデバイスやサプライチェーンのほか、ネットワーク上の通信を制御する手段としても期待できるという。

 ブロックチェーンは元来、Bitcoinのような仮想通貨の交換を促す目的で設計された、分散化を前提とした電子台帳システムのための技術だ。

 トランザクションに関するデータ、すなわち取引や発生源、アクティビティを格納する中央システムは存在せず、情報は世界中のコンピュータに分散、格納される。これらのコンピュータ群はノードと呼ばれ、チェーン(鎖)のような形でつながった情報を保持することになる。

 Biehn氏は米ZDNetに対して、「ブロックチェーンを用いて構築できる分散システムはエキサイティングなものであり、ハードウェアに根ざすサプライチェーンの問題や、ソフトウェアサプライチェーンの問題を解決するといった分野で有望なだけでなく、サイバーセキュリティの分野にも適用できる」と述べるとともに、「ブロックチェーン技術によってもたらされる透明性の向上は、それ自体でサイバーセキュリティにおける難問解決に間違いなく役立つのだ」と述べている。

 データ漏えいやネットワークへの侵入といったセキュリティ上の問題は、必ずしもソフトウェアの脆弱性によって引き起こされるわけではない。サプライチェーンも問題を引き起こす可能性がある。

 ヒューマンエラーの入り込む余地がある場合や、内部の人間によってサプライチェーン内の情報やシステムが操作される可能性がある場合、ブロックチェーン技術によって、疑わしいアクテイビティを全ノードに向けて自動的に共有することで問題を解決できるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算