編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

ブロックチェーンはいかにセキュリティを変革するか

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2017-09-19 06:30

 セキュリティの専門家たちによると、ブロックチェーン技術は暗号通貨の交換に用いられるだけでなく、セキュリティを向上させるソリューションとしても利用できるという。

 法人向けのソフトウェアとソリューションを手がける企業Synopsysの技術ストラテジストであるTravis Biehn氏によると、ブロックチェーン技術はセキュリティ分野における「決め手ではない」ものの、金融取引を記録する方法としてだけでなく、IoTデバイスやサプライチェーンのほか、ネットワーク上の通信を制御する手段としても期待できるという。

 ブロックチェーンは元来、Bitcoinのような仮想通貨の交換を促す目的で設計された、分散化を前提とした電子台帳システムのための技術だ。

 トランザクションに関するデータ、すなわち取引や発生源、アクティビティを格納する中央システムは存在せず、情報は世界中のコンピュータに分散、格納される。これらのコンピュータ群はノードと呼ばれ、チェーン(鎖)のような形でつながった情報を保持することになる。

 Biehn氏は米ZDNetに対して、「ブロックチェーンを用いて構築できる分散システムはエキサイティングなものであり、ハードウェアに根ざすサプライチェーンの問題や、ソフトウェアサプライチェーンの問題を解決するといった分野で有望なだけでなく、サイバーセキュリティの分野にも適用できる」と述べるとともに、「ブロックチェーン技術によってもたらされる透明性の向上は、それ自体でサイバーセキュリティにおける難問解決に間違いなく役立つのだ」と述べている。

 データ漏えいやネットワークへの侵入といったセキュリティ上の問題は、必ずしもソフトウェアの脆弱性によって引き起こされるわけではない。サプライチェーンも問題を引き起こす可能性がある。

 ヒューマンエラーの入り込む余地がある場合や、内部の人間によってサプライチェーン内の情報やシステムが操作される可能性がある場合、ブロックチェーン技術によって、疑わしいアクテイビティを全ノードに向けて自動的に共有することで問題を解決できるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]