編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Microsoft Teams」の新計画が発表--移行ロードマップは10月に

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-09-26 10:15

 「Skype for Business Online」は「Microsoft Teams」に取って代わられようとしている。

 Skype for Business Onlineのすべての既存ユーザーをTeamsに移行させる時期について、Microsoftからの発表はない。だが「Office 365」担当バイスプレジデントのRon Markezich氏によると、同社は10月初めにもロードマップを提示し、Skype for Businessの機能をTeamユーザーが利用できるようにする時期を具体的に示す予定だという。

 まず、新しい通話機能と強化された会議機能をTeamsで利用できるようにするために、固定電話番号での発信と着信、保留、転送、ボイスメール、音声会議(プレビュー版)を実行するためのアドインがリリースされる予定だ。これにより、Teamsのミーティングに電話で参加できるようになる。また、在席状況の確認、メッセージ、音声通話の機能をSkype for Businessと相互に利用できるようになる。

 Microsoft幹部らは、IT専門家向けカンファレンス「Microsoft Ignite」で、初日の米国時間9月25日に、Teamsの会議機能と電話機能に関するデモを行った。

 Microsoftはまた、今回の取り組みを進める中で、Skype for BusinessとTeamsに関連した機能名の一部を変更する予定だ。たとえば、「クラウド PBX」機能は「電話システム」、「PSTN会議」は「電話会議」という呼び名に変更される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]