Microsoft Officeとは?

マイクロソフトはOfficeをクラウドで利用できるようにする「Office 365」に注力している。業績を支える意味でもOfficeの役割は大きく、今後の同社の屋台骨を支える意味でも重要になってくる。また、Office 2013は2013年に発表されたオフィスソフトの最新版。2011年10月から提供されているクライアントOS「Windows 8」のタブレットでも稼働することを前提にしており、タッチ操作に対応した。従来製品と同じようにパッケージで販売されるほか、オンラインで提供される予定。同社のクラウドサービス「Windows Azure」でもホスティングされるとみられている。なお、「Office 2013」は正式名称ではない。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 AWS re:Invent

    Amazon Web Servicesの年次イベント。2017年は11月最終週から12月第一週にかけて米ラスベガスで開催され、「Kubern...(続きを読む)

  5. 5 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  8. 8 2020年のIT

    2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)

  9. 9 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  10. 10 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

注目のキーワード

オムニチャネル
店舗とオンラインストアなど、あらゆる販売チャネルや流通チャネルを統合することを指す。このほかにも...
続きを読む
プランニングポーカー
アジャイル開発プロジェクト管理用語。Mountain Goat SoftwareのMike Cohn氏が考案した見積もりゲーム。...
続きを読む
広告モデル
顧客にサービスを提供する際、広告とともにサービスを提供し、広告主からの費用補填によって、顧客に低...
続きを読む
ファンドオブファンズ
別の投資信託に投資する投資信託のことで、運用機関が複数の投資信託を組み入れて1つの投資信託にまとめ...
続きを読む
仮想マシン(VM)
仮想化ソフトによって仮想的に構築されたコンピュータ環境のこと。ネットワーク経由でアクセスした場合...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR