編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

大手コンサルティングDeloitteにハッキング被害、顧客情報が流出か--英報道

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-09-26 12:37

 コンサルティング企業のDeloitteがサイバー攻撃の被害に遭った。これにより、政府顧客や企業顧客の電子メールが不正にアクセスされた恐れがあるという。The Guardianが英国時間9月25日に報じた

 Deloitteがこの攻撃に気づいたのは3月のことだが、ハッカーは2016年10月ごろから同社のシステムにアクセスできる状態になっていた可能性がある。

Deloitteにハッキング
提供:James Martin/CNET

 ここ数カ月の間に複数の大規模組織を襲ったハッキングが発生しており、米証券取引委員会(SEC)や信用情報会社のEquifaxもデータ漏えいの被害に遭っている。

 ハッカーは「管理者アカウント」を使ってDeloitteの電子メールサーバに侵入したようだ、とThe Guardianは報じている。管理者アカウントには、Deloitteの電子メールへの広範なアクセス権限が付与されていた可能性がある。

 ハッカーは電子メールだけでなく、ユーザー名やパスワード、IPアドレス、健康情報にアクセスした可能性もある。

 Deloitteは電子メールによる声明の中で、ハッキング被害に遭ったことを認めたが、「影響を受けた顧客はごく少数」であり、顧客の業務に「障害は一切発生していない」と述べた。

 Deloitteは「包括的なセキュリティプロトコル」を詳しく調査し、今回のハッキングを徹底的に精査したことも言い添えた。さらに、同社は今回のインシデントの発覚後、即座に当局と連絡を取り、影響を受けたすべての顧客にも連絡したとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]