大手コンサルティングDeloitteにハッキング被害、顧客情報が流出か--英報道

Ben Fox Rubin (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2017-09-26 12:37

 コンサルティング企業のDeloitteがサイバー攻撃の被害に遭った。これにより、政府顧客や企業顧客の電子メールが不正にアクセスされた恐れがあるという。The Guardianが英国時間9月25日に報じた

 Deloitteがこの攻撃に気づいたのは3月のことだが、ハッカーは2016年10月ごろから同社のシステムにアクセスできる状態になっていた可能性がある。

Deloitteにハッキング
提供:James Martin/CNET

 ここ数カ月の間に複数の大規模組織を襲ったハッキングが発生しており、米証券取引委員会(SEC)や信用情報会社のEquifaxもデータ漏えいの被害に遭っている。

 ハッカーは「管理者アカウント」を使ってDeloitteの電子メールサーバに侵入したようだ、とThe Guardianは報じている。管理者アカウントには、Deloitteの電子メールへの広範なアクセス権限が付与されていた可能性がある。

 ハッカーは電子メールだけでなく、ユーザー名やパスワード、IPアドレス、健康情報にアクセスした可能性もある。

 Deloitteは電子メールによる声明の中で、ハッキング被害に遭ったことを認めたが、「影響を受けた顧客はごく少数」であり、顧客の業務に「障害は一切発生していない」と述べた。

 Deloitteは「包括的なセキュリティプロトコル」を詳しく調査し、今回のハッキングを徹底的に精査したことも言い添えた。さらに、同社は今回のインシデントの発覚後、即座に当局と連絡を取り、影響を受けたすべての顧客にも連絡したとしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]