編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

アマゾン傘下のWhole Foodsに不正アクセス--決済カード情報が狙われる

Alfred Ng (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2017-10-02 12:02

 Amazonが8月に買収を完了したWhole Foodsは米国時間9月28日、数店舗で決済カードの情報に不正アクセスがあったとして、顧客に注意を促した。Whole Foodsの店舗の主要なレジではなく、バーとレストランがサイバー攻撃を受けたという。

カリフォルニアにあるWhole Foods Market
カリフォルニアにあるWhole Foods Market
提供:David Peevers / Getty Images

 店舗内のこうしたバーやレストランは、Whole Foodsの通常のレジとは異なる決済システムを採用している。Amazonの決済用サーバは、Whole Foodsの店舗に接続されていないため、被害が及んでいないという。

 Whole Foodsは米国で449店舗を保有しており、そのうち40店舗以上でバーを展開している。レストランの数は不明だ。

 Whole Foodsは声明で次のように述べている。「Whole Foods Marketのほとんどの店舗にはこのようなバーやレストランはありませんが、お客様には、決済カードの明細を綿密にチェックし、不正な請求があれば発行元の銀行に連絡することをお勧めします」

 同社は、何人が影響を受けたか、またどの店舗がハッキングされたのかについてコメントを控えた。

 現在、サイバーセキュリティ犯罪を捜査する企業や法執行機関と協力して、攻撃者を特定すべく調査しているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]