編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

富士通研、FPGAアクセラレータを活用したWAN高速化技術を開発

ZDNet Japan Staff

2017-12-12 13:24

 富士通研究所は12月11日、FPGAを搭載したサーバを活用することにより、クラウド間の大量データ転送において最大40Gbpsの転送速度を実現する広域網(WAN)高速化技術を開発したと発表した。

 クラウド間のWAN回線は1Gbpsから10Gbpsへの移行が進みつつあるが、近年、モノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)などデジタル技術の発展に伴い、大量のデータがクラウド上に集まり、より高速なデータ転送が求められている。WAN高速化技術では、転送されるデータの圧縮や重複除去によりデータ量を削減することで実効的な転送速度を向上する。しかし、WAN回線が10Gbpsになると、処理すべきデータ量が多く、サーバ内での圧縮・重複除去の処理速度がボトルネックとなっていた。


クラウド環境におけるWAN高速化技術の利用例

 富士通研究所は今回、サーバに搭載したFPGA(Field Programmable Gate Array)をアクセラレータとして活用し、クラウド上での利用が可能で10Gbps以上でも実時間動作が可能なWAN高速化技術を開発した。同技術では、WAN高速化処理における圧縮や重複除去のうち、負荷が重くCPUでの処理速度向上が難しい一部の処理をFPGAで実行。CPUとFPGAアクセラレータを効率よく連携させることにより、WAN高速化技術の効率的な動作を実現した。


FPGA搭載サーバを活用したWAN高速化処理の実装

CPU-FPGA間のオーバーヘッド低減手法の概要

 富士通研究所は、FPGAを搭載したサーバに今回開発した技術を適用し、CPUのみの処理に対して約30倍の高速化を確認。サーバ間を10Gbps回線で接続した実験環境において、最大40Gbpsの実効転送速度を確認した。同技術により、クラウド間でのデータ共有やバックアップなどのデータ転送を高速に行うことが可能となり、さまざまな企業・拠点間で大量のデータを共有し活用する次世代のクラウドサービスを実現する。


実験データでの評価結果例

 富士通研究所は、同技術をクラウド環境で利用可能な仮想アプライアンスに搭載し、実環境での評価を進める。同技術を搭載した製品を、2018年度中に富士通から新規提供することを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]