米、政府機関でのカスペルスキー製品使用を法律で禁止

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ) 2017年12月15日 11時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国政府がセキュリティ企業Kaspersky Labのソフトウェアを使用することは違法行為となった。

 Kaspersky製品の使用禁止は、Donald Trump米大統領が米国時間12月12日に署名して成立した全面的な防衛政策法案「2018年国防権限法」に盛り込まれた。Kasperskyはロシア政府の影響を受けやすい可能性があるとの懸念が高まるなか、Trump政権が9月に発した命令を強化したこの禁止令が成立した。

 2016年の米大統領選挙中のメール流出やロシアによるオンラインでの干渉に関する報道、および政府機関やビジネス界の情報漏えいをめぐって懸念が高まっていることから、サイバーセキュリティは米政府にとって関心の高い話題になっている。Trump大統領は5月、米政府機関にコンピュータシステムの刷新と強化を求めるサイバーセキュリティに関する大統領令に署名した。

 取り組みを主導した共和党のJeanne Shaheen上院議員は、声明で次のように述べている。「Kaspersky Labが米国の国家安全保障にもたらす重大なリスクを考えると、同社製ソフトウェアを政府のコンピュータから排除する現在の命令を、法によって拡大および強化する必要がある。Kaspersky Labに対する申し立ては、文書で十分に裏付けられており、深刻な懸念を抱かせるものだ。この法は遅きに失したくらいだ」

 これまで疑惑を何度も否定してきたKaspersky Labは声明で、「サイバーセキュリティに対して、地理的条件を狙い撃ちしたやり方のため」、この法について「深刻な懸念」を抱き続けると述べた。

 「米議会は、本社の場所だけに基づいてKaspersky Labを選び出し、結果として、当社と米国で働く従業員、米国を拠点とするビジネスパートナーに回復不能な大きな損害を与えた。Kaspersky Labは、利益を守るためにさらなる行動をとることが妥当かどうか検討中だ」(Kaspersky Lab)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算