編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

懐かしのIBM機--初代「IBM PC」から「ThinkPad」まで:写真で見る

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-11-12 08:00

 IBMの名だたる製品を振り返ってみたい。英国のIBM Hursley Museumではその歴史を垣間見ることができる。

 IBMが1961年に発表した「Selectric typewriter」は、その見た目から「ゴルフボール」と呼ばれるタイプボールによって印字する製品である。このボールは表面にアルファベット88文字が付いている。

 ボールを新しいものに入れ替えることで、比較的簡単にフォントなどを切り替えることができた。このボールには、1つ以上のキーが同時に押されるとタイプバーがからまるという「詰まり」を解消するメリットもあった。

 当時IBMの最高経営責任者(CEO)だったThomas Watson Jr.氏は、このボールを「当社がこれまでに生み出した中で、総合的に最も際立った発明」と述べた。

 IBMの名だたる製品を振り返ってみたい。英国のIBM Hursley Museumではその歴史を垣間見ることができる。

 IBMが1961年に発表した「Selectric typewriter」は、その見た目から「ゴルフボール」と呼ばれるタイプボールによって印字する製品である。このボールは表面にアルファベット88文字が付いている。

 ボールを新しいものに入れ替えることで、比較的簡単にフォントなどを切り替えることができた。このボールには、1つ以上のキーが同時に押されるとタイプバーがからまるという「詰まり」を解消するメリットもあった。

 当時IBMの最高経営責任者(CEO)だったThomas Watson Jr.氏は、このボールを「当社がこれまでに生み出した中で、総合的に最も際立った発明」と述べた。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]