編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

懐かしのIBM機--初代「IBM PC」から「ThinkPad」まで:写真で見る - 20/26

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-11-12 08:00

 1990年10月に発表された「IBM PS/2 Model 95」では、20MHzのIntel 486から、90MHzのIntel Pentiumまで、さまざまなプロセッサを選択することができた。

 Model 95には完全な互換性を持つプロセッサ複合体が採用されていた。プロセッサ複合体とは、プロセッサ、メモリコントローラ、マイクロチャネルインターフェースを持つマザーボードだ。また、32ビットのマイクロチャネルアーキテクチャ(MCA)バスを搭載していた。

 このマシンは8Mバイトから64MバイトのDRAMをサポートしており、8つの72ピンソケットを持っていた。

 またSCSIアダプタは、内蔵デバイスとハードディスク、テープドライブ、CDドライブなどの外付けデバイスの両方に対応していた。

 1990年10月に発表された「IBM PS/2 Model 95」では、20MHzのIntel 486から、90MHzのIntel Pentiumまで、さまざまなプロセッサを選択することができた。

 Model 95には完全な互換性を持つプロセッサ複合体が採用されていた。プロセッサ複合体とは、プロセッサ、メモリコントローラ、マイクロチャネルインターフェースを持つマザーボードだ。また、32ビットのマイクロチャネルアーキテクチャ(MCA)バスを搭載していた。

 このマシンは8Mバイトから64MバイトのDRAMをサポートしており、8つの72ピンソケットを持っていた。

 またSCSIアダプタは、内蔵デバイスとハードディスク、テープドライブ、CDドライブなどの外付けデバイスの両方に対応していた。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]