編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

懐かしのIBM機--初代「IBM PC」から「ThinkPad」まで:写真で見る - 16/26

Nick Heath (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2017-11-12 08:00

 「IBM RT PC」(「IBM 6150」とも呼ばれていた)は、IBM製の「ROMP」プロセッサベースのコンピュータだ。発売は1986年で、「RT」はRISC Technology(縮小命令セットコンピュータ技術)を意味する。

 このマシンは、IBMによるUNIX 1.xと2.xの移植版OSである「IBM AIX」で動作したが、「Academic Operating System」(AOS)や「Pick Operating System」も動かすことができた。

 1990年には後継プロセッサである「IBM RS/6000」と「POWER」プロセッサシリーズが発表され、これがPowerPCプロセッサの基礎となった。

 「IBM RT PC」(「IBM 6150」とも呼ばれていた)は、IBM製の「ROMP」プロセッサベースのコンピュータだ。発売は1986年で、「RT」はRISC Technology(縮小命令セットコンピュータ技術)を意味する。

 このマシンは、IBMによるUNIX 1.xと2.xの移植版OSである「IBM AIX」で動作したが、「Academic Operating System」(AOS)や「Pick Operating System」も動かすことができた。

 1990年には後継プロセッサである「IBM RS/6000」と「POWER」プロセッサシリーズが発表され、これがPowerPCプロセッサの基礎となった。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]