編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インテル、「Meltdown/Spectre」に対処するファームウェアのバグを認める

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-15 10:32

 Intelは、CPUに影響を及ぼす「Meltdown」および「Spectre」脆弱性向けパッチのバグが、PCやデータセンター機器で問題を引き起こしていることを認めた。

 ハードウェアOEM各社によって提供されるIntelのファームウェアが、旧式の「Broadwell」および「Haswell」CPUを搭載するシステム上で、再起動を引き起こしている。

 Intelのデータセンターグループのゼネラルマネージャーを務めるNavin Shenoy氏は声明の中で、「われわれは、ファームウェアアップデートの適用後、高度なシステム再起動が発生するとの報告を複数の顧客から受けている。具体的には、これらのシステムはクライアントとデータセンターの両方でIntelのBroadwellおよびHaswell CPUを実行している」と述べた。

 Intelは一部の顧客に対して、バグが含まれるのでパッチを適用しないようにとこっそり伝えた、とThe Wall Street Journalは報じた。それを受けて、Intelは前述の声明を出した。

 Intelはデータセンターの顧客と直接連携している。一方、デバイスメーカーやOS提供企業はマイクロコードアップデートをコンシューマーに提供している。

 Intelは、顧客の報告に対する調査結果が出るまでの間に、改訂版ファームウェアをOEMに提供する可能性がある。


提供:Intel

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]