AIで事業相手の候補を選定--日立と山口銀行が実証

NO BUDGET

2018-01-15 13:49

 山口フィナンシャルグループ(山口県下関市、山口FG)と傘下の山口銀行、日立製作所は1月15日、地域活性化につながる有益な事業相手を探す(ビジネスマッチング)サービスに人工知能(AI)を利用する実証実験を開始すると発表した。

 実験では、山口銀行が所有する事業データなどを日立のAI「Hitachi AI Technology/H」で分析し、同行や山口FGの顧客に有益なビジネスマッチングの候補を抽出、検証する。山口FGでは、地域の中小企業にとって事業拡大や成長につながるサービスの高度化を目指すとしている。

 具体的には、AIで山口銀行所有の事業データと帝国データバンクが持つ企業信用調査データを分析し、マッチング成立の可能性が高い条件を導き出す。その条件から最適なマッチングの候補先を抽出する。実証では、山口県下松市にある日立の鉄道車両工場に候補先など提案をして、その有効性を検証していく。

 日立と山口銀行、YMFG ZONE プラニングは2016年2月に、山口県周辺で鉄道車両製造に携わる協力企業の支援を目的とした「包括的連携協定」を締結。日立グループは、下松市の笠戸事業所を拠点に国内外向けの鉄道車両の製造を行っている。

実証実験イメージ''
実証実験イメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]