編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通、GDPR対応の承認をEUに申請

ZDNet Japan Staff

2018-01-22 06:00

 富士通は1月19日、欧州連合(EU)で5月に施行される「一般データ保護規則」(GDPR)への対応を欧州データ保護機関「Dutch Data Protection Authority」(DPA)に申請したと発表した。

 GDPRでは、EU圏居住者の個人情報やプライバシーに関するデータを扱う世界の企業などに対し、データ保護の取り組みを義務付けるもの。富士通は、顧客から処理委託を受けた個人データの取り扱いに関する同社グループの共通ルールを定めたデータ処理者のための「拘束的企業準則」(Binding Corporate Rules for Processors)の承認をDPAに申請した。

 申請が承認されれば、同社は「GDPRに準拠したより安心・安全なサービスを、顧客へ提供できるようになる」と説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]