GDPR対応はいまだ進まず--「プライバシー責任者」の確保が課題

ZDNet Japan Staff 2017年09月19日 17時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年5月25日にEUで全面的に施行される「一般データ保護規則」(General Data Protection Regulation:GDPR)について、企業での対応は進んでいないようだ。

 WatchGuard Technologiesが9月13日に発表した調査結果では、順守の必要性を認識しているのは35%で、37%はGDPRに順守すべきか分からないと回答した。28%は順守義務を負わないと考えていることも分かった。

 GDPRでは、EU圏居住者の個人情報を扱う全ての組織が対象になるため、同社は「GDPRに対する認知度が低いだけでなく、どのような種類のデータがコンプライアンスに適用されるのか理解されていないことが浮き彫りになった」と指摘する。

 GDPR対応の準備が順調に進んでいる回答者は10%にとどまり、44%は準備状況を把握できていないとした。順守の必要性を認識している組織の86%ではセキュリティ対策が検討され、このうち51%はITインフラを大幅に刷新する必要があるとしている。主要な対策には、ファイアウォール(71%)、VPN(63%)、暗号化(58%)が挙げられた。

 これらの組織ではGDPRの要件を満たすまで約7カ月を要すると考えており、2018年5月の施行までに間に合わない組織が続出する可能性もある。また、全回答者の65%はGDPRで規定されている「データプライバシー責任者」の確保も必要だとした。

 調査はVanson Bourneが実施し、1600以上の組織が回答した。

EUのGDPR公式サイトでは全面施行までのカウントダウンが刻まれている''
EUのGDPR公式サイトでは全面施行までのカウントダウンが刻まれている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算