編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Dell EMC、データ保護ストレージの新モデルを発売

NO BUDGET

2018-03-06 06:00

 Dell EMCは3月5日、データ保護ストレージアプライアンスの新製品「Data Domain DD3300」を発表した。

 同製品は、中堅・中小企業や大企業のリモート/ブランチオフィス向けに開発されたもの。前世代モデル「DD2200」と比べて、1.5倍のパフォーマンス、5.6倍のスケーラビリティを実現する。ユーザーデータは検証と暗号化機能によって継続的に保護・保全される。重複排除機能を実装し、平均10~55倍ものデータ容量を削減でき、WAN帯域幅の大幅な節減も可能となる。また、ネットワーク効率に優れた暗号化レプリケーションを実現する「Data Domain Replicator」を通じて、シンプルでスムーズな拡張ができる。


「Data Domain DD3300」

 同製品は、バックアップ、アーカイブ、災害復旧だけでなくクラウドへのデータ階層化機能を提供する。シームレスな統合性およびAPIの拡張性を提供する「Data Domain Cloud Tier」を搭載し、自動的かつ効率的なデータ移動を可能にする。

 さらに、「Data Domain Cloud DR(DD CDR)」もサポートし、大企業ユーザーはオンプレミスの「Data Domain」および「Dell EMC Avamar」環境からバックアップした仮想マシンのコピー先と有事の復旧先に、パブリッククラウドを利用できるようになった。

 同製品には、4/16/32TBの3つのモデルの購入オプションがある。導入後もニーズに合わせて容量を拡張することができ、「Data Domain Cloud Tier」への1TB単位での容量拡張ができるようになっている。価格は最小4TB構成・年間保守込みで120万円(税別)から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]