編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

東急住宅リース、データ活用基盤を刷新--BIツールの全社展開を目指す

NO BUDGET

2018-03-19 11:13

 東急住宅リースは、これまでビジネスインテリジェンス(BI)ツールを用いて分析業務を進めてきた。しかし、ツールの自由度が低く、新しい取り組みを始める際に度々発生するコストが課題となっていた。そこでシステム部門が主導でツール入れ替えの検討を開始した。

 既存のBIツールと比較検討した結果、東急住宅リースはセルフサービスBIツール「LaKeel BI」(レジェンド・アプリケーションズ)を導入することに決定した。選定に当たって特に決め手となったのは、(1)将来、全社展開する際もコストが一定の「サーバライセンス型」の料金体系であること、(2)定型・非定型レポート作成に当たっての自由度が高いこと、(3)ETL機能により多様なデータを容易に取り込み、多角的な分析ができること――の3つのポイントだったという。

 今回の導入では、将来の全社展開を想定して選定された。そのため、エンドユーザーでも自由にレポートを作成でき、利用人数が増えてもコストが一定である点を高く評価した。

 東急住宅リースはLaKeel BIを導入することで、多様なデータを用いた多角的な分析の実現と、全社的なデータ活用による業務効率化を図り、提案活動のスピードと品質向上、顧客の資産価値向上を目指すとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]