編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら
調査

AIなど注目技術に投資する企業、活用への備えは万全ではない

Eileen Brown (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2018-04-07 08:30

 人工知能(AI)という言葉を各所で目にするようになったが、ほとんどの企業はAIの力を十分に引き出しているとは言い難い。AIを正しく活用するうえで企業は、その成果物と入力の双方を理解しておかなければならない。

 残念ながら、企業は現在のところ成果物に着目しており、AIエンジンや予測モデルを正しいかたちで使用できる適切なデータセットに対する投資を行えていない。

 デジタル変革ソリューションを手がける企業PointSourceが公開したレポートによると企業は現在、デジタル変革を達成するというプレッシャーの下で、利益をもたらさないテクノロジに投資しているという。

 同社は600人を超える上級レベルの意志決定者を対象に、2018年のテクノロジ投資と、投資の背景となる動機、それら新テクノロジに対する準備の進み具合に関して調査した。

 その結果を見る限り、企業は宣伝文句に振り回され、現時点で自社が抱えているデジタル変革のポイントに合わない新規テクノロジに手を染めてしまっているようだ。この調査により、企業の大半は自信を持って利用できないテクノロジに投資しているという実態が明らかになっている。

 企業の4分の1は、2018年の予算の25%以上をAIやブロックチェーン、音声認識、顔認証といったテクノロジに投資している。しかし、半数以上(53%)はAIやブロックチェーン、顔認証テクノロジを効果的に活用する準備ができていないと感じている。

 企業の意思決定者はしばしば、テクノロジが自社の大局的なデジタル戦略や業務目標に適合するかどうかを一歩下がった視点から評価することなく、そのテクノロジに投資している。

 企業は部門間でのコラボレーションを推し進めたり、自社の将来に着目するのではなく、予算やリソースをめぐる部門間の争い(60%)や、デジタル情報の内部での追跡や共有による時間の浪費(90%)という課題にとらわれているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]