編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

2018年の「オープンソースルーキー」、Black Duck選出の7プロジェクトを紹介

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-03-31 06:30

 Synopsys傘下のBlack Duckは米国時間3月20日、2017年に開始された有望な新規オープンソースプロジェクトを選出した「Open Source Rookies of the Year 2018」を発表した。本記事では、選出された7つのオープンソースプロジェクトを紹介する。

Open Network Automation Platform(ONAP)

 「Open  Network Automation Platform」(ONAP)は、ポリシー駆動によりリアルタイムで物理ネットワーク機能や仮想ネットワーク機能のオーケストレーション/自動化を行うためのプラットフォームだ。ONAPをサポートしている通信事業者メンバーが抱えている契約者を合計すると、世界の通信事業市場の60%以上に相当する。

 Synopsysによると、ONAPは突出したオープンソースの仮想ネットワーク機能(VNF)オーケストレーションプラットフォームの地位をあっという間に獲得し、第5世代(5G)の携帯電話ネットワークの成功の立役者となっているという。

Open Network Automation Platform(ONAP)

 「Open Network Automation Platform」(ONAP)は、ポリシー駆動によりリアルタイムで物理ネットワーク機能や仮想ネットワーク機能のオーケストレーション/自動化を行うためのプラットフォームだ。ONAPをサポートしている通信事業者メンバーが抱えている契約者を合計すると、世界の通信事業市場の60%以上に相当する。

 Synopsysによると、ONAPは突出したオープンソースの仮想ネットワーク機能(VNF)オーケストレーションプラットフォームの地位をあっという間に獲得し、第5世代(5G)の携帯電話ネットワークの成功の立役者となっているという。

提供:Charlie Osborne

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]