編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

富士通とPivotal、「アジャイル人材」の育成を強化

NO BUDGET

2018-04-03 09:48

 富士通は4月2日、Pivotalジャパンと共同でアジャイル開発サービス「Pivotal Labs」を活用したアジャイル人材の育成を強化すると発表した。

 Pivotal Labsは、Pivotalの戦略的コンサルティングサービスで、デジタル変革を推進する。リーンスタートアップとエクストリームプログラミング手法に基づく次世代のソフトウェア開発を可能にし、日本を含む世界30カ国で提供されている。リーンスタートアップは、仮説、構築、検証、修正を迅速に繰り返し、素早く改良を続けていく事業およびプログラム開発手法。

 エクストリームプログラミングは、企業の要求や仕様変更などの変化に対応するために、開発を段階的に進めるのではなく、各工程で常にフィードバックを行って修正・再設計していくプロセスを重視する手法。開発初期段階の設計ドキュメントよりも最新のソースコードからテストを実施するといった手段をとる。

 富士通では、セキュリティ要件などを満たしながら短期間で製品・サービスを開発・リリースするニーズが増加しているのを受け、自社のシステムエンジニアの育成プログラムにPivotal Labsを取り入れることとした。

   

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]