編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

「Microsoft Teams」などWindows Phone版アプリ3製品のサポートが終了へ

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-04-24 12:06

 Microsoftは先週末、「Windows Phone」向けのアプリケーション「Microsoft Teams」「Yammer」「Skype for Business」のサポートを終了すると発表した。過去数年にわたりWindows Phoneの動向を追っている人ならば驚かないだろうが、Microsoftの突然の発表に驚かされた人がいるかもしれない(筆者が受け取ったツイートや電子メールから、実際にいることがわかる)。


提供:Microsoft

 Microsoftは2018年5月20日をもって、「Microsoft Store」からこれらのアプリケーションのダウンロードを停止し、サポートも終了する。

 MicrosoftのサポートページにはSkype for BusinessおよびYammerについて、「動作するかもしれないが保証できない。これらのアプリケーションは今後アップデートおよびサポートは受けられない」と記載されている。

 同時に、Windows Phone版のMicrosoft Teamsアプリケーションは「動作しなくなり、ユーザーが接続しようとするとエラーメッセージが出る」と説明されている。

 Skype for BusinessとMicrosoft Teamsについては、iOS版およびAndroid版のモバイルアプリとWindows版およびmacOS版のデスクトップアプリケーションのサポートを継続するという。また、Yammerにはウェブブラウザからアクセスできるとしている。

 これに関連して、Microsoftは5月にYammerから複数の機能を削除する予定だとも発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]