Facebook、選挙干渉の阻止に向けアトランティック・カウンシルと提携

Katie Collins (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-05-18 13:13

 Facebookは米国時間5月17日、不正なアクターが同SNSを使って選挙に干渉することなどを防ぐため、米シンクタンクのアトランティック・カウンシルと提携したことを発表した。

 プレスリリースによると、アトランティック・カウンシルのDigital Forensic Research Lab(デジタルフォレンジック研究所)は、Facebookが世界各地の選挙における脅威や偽情報についてリアルタイムの洞察や最新情報を得られるよう協力するという。Facebookのグローバル政策および政府担当ディレクターであるKatie Harbath氏はこれについて、「当社サービスの潜在的な悪用を発見するための『目と耳』の数を増やすことにより、当社システムに存在する隙間をより効果的に見つけ出し、障害を事前に取り除き、世界各地で選挙期間中にFacebookが好ましい役割を果たせるようにするものだ」と説明している。

 アトランティック・カウンシルはまた、選挙期間中やその他の特に影響を受けやすい時期に特定の地域を監視したり、リスクについて人々を啓発することなどにも協力する。この提携はFacebookの「民主主義を強化する取り組み」を支援するものだと、アトランティック・カウンシルのプレジデントで最高執行官のFred Kempe氏は述べている

 FacebookのHarbath氏は発表の中で、同社サービスが選挙期間中に悪用されないように大きな投資をしており、それには外部の専門家との提携も含まれるとした。

Facebook
提供:NurPhoto/Getty

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]