編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

DNA検査サイトのMyHeritage、9200万件のアカウント情報が流出

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2018-06-06 10:22

 イスラエルを拠点にDNA検査サイトを運営しているMyHeritageは、大量のアカウント情報が流出したこと明らかにした。

 MyHeritageは現地時間6月4日のブログ記事で、9228万人分のアカウント情報を含むファイルが外部のサーバにあるのを、あるセキュリティ研究者が発見したと述べた。その中には、メールアドレスと暗号化されたパスワードが含まれていたという。

 MyHeritageによると、このセキュリティ侵害は、2017年10月26日までに(同日を含む)サインアップされたすべてのアカウントに影響するという。

 MyHeritageで最高情報セキュリティ責任者を務めるOmer Deutsch氏はブログ記事の中で、「ファイルの中のデータがこれまで犯人に使われたことを示す痕跡はない」と述べ、侵害を受けた日からこれまでの間にアカウントが悪用されたことを示す活動は確認されていないと説明した。

 MyHeritageは、流出に気付いたセキュリティ研究者の名前を明らかにしなかった。

 MyHeritageが提供するサービスにより、ユーザーは、膨大な量の系図に関する記録を調査して家系図を作成したり、先祖の歴史を発見したりできる。

 MyHeritageは、欧州の規制当局を含む関連当局に連絡していると述べた。欧州連合(EU)は5月25日に一般データ保護規則(GDPR)を施行している。これにより、当局はGDPRに違反した企業に対し、前年の世界売上高の最大4%にのぼる制裁金を科せるようになった。

提供:file photo
提供:file photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]