編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

富士通、ブロックチェーン活用したポイント管理システム--観光地や商店街を支援

NO BUDGET

2018-06-11 10:50

 富士通は6月6日、観光地や商店街、商業施設などの特定地域で期限内に利用できるポイント、スタンプ、クーポンなどを、ブロックチェーンを活用してデジタル形式で流通させるクラウドサービスを提供開始すると発表した。2020年度末までに累計100件の販売を目指す。

 「FUJITSU Intelligent Society Solution ブロックチェーンアセットサービス」は、配布するポイントなどの内容やその取引記録をブロックチェーン上に登録・管理する。利用者が特定の地域内に設置されたQRコードなどをスマートデバイスで読み込み、デジタル化されたポイントやスタンプを取得する。その後、特定地域内の店舗や商業施設で使えるクーポンなどに変換できる。

 これにより、例えば、観光地巡りのイベントや商業施設のキャンペーンなどにおける集客率の向上や購買意欲の増進につなげることが期待できる。

 また、ブロックチェーンの分散台帳上に記録されるポイントなどの取得・使用データを利用者情報とひも付けて分析可能。ポイントやスタンプの流通量やクーポンの利用状況を可視化することもできる。

 利用料金は月額150万円(税別)から。別途、初期費用がかかる。

本サービス利用による店舗・施設での集客施策イメージ
本サービス利用による店舗・施設での集客施策イメージ(出典:富士通)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]