編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Mozilla、音声制御型ウェブブラウザの可能性を追求

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2018-06-15 12:50

 Mozillaは、キーボードやマウス、タッチスクリーンのタップではなく音声で操作する非常に変わったウェブブラウザ「Scout」の可能性を探っている。

 Mozillaは、サンフランシスコで開かれた全体会議の議題としてScoutプロジェクトを発表した。「Scoutアプリで、音声によるコンテンツのブラウジングや視聴の可能性を探り始める」とMozillaは述べている。サンプルのコマンド「Hey Scout, read me the article about polar bears(ホッキョクグマに関する記事を読み上げて)」というサンプルのコマンドから、その使い方がうかがえる。

 電子デバイスを音声で操作するというのは、昔はサイエンス・フィクションの世界でしか見聞きしなかったが、近ごろは端末に話しかけてスケジュール管理やメッセージ作成、テレビ番組の検索などをすることも多くなってきた。デバイスが人のことをもっと理解して音声で答えられるようになるうえで鍵を握っているのが人工知能(AI)で、Amazonの「Alexa」や「Googleアシスタント」、Appleの「Siri」もかつてないくらい人間らしい反応をするようになってきた。

 Scoutは、スクリーンリーダーなどの使いにくい解決策に頼ってインターネットを何とか使えるものにしている視覚障がい者にとっても、インターネットの形を一変させてくれるかもしれない。Mozillaの目標の1つは、「オンラインへのアクセス、機会、あるいは体験の質が個々人の人口学的特性によって左右されることのないような、地球上のすべての人が含まれたインターネット」を形作ることにある。

 Mozillaは、「初期段階のプロジェクト」とされるScoutについて、詳細を述べようとはしなかった。

 「われわれはこの取り組みについて、開発がもっと進んだ段階で公に議論するのを楽しみにしている」(Mozilla)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]