編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

HPE、世界最大規模のArmベーススーパーコンピュータ「Astra」発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-06-19 10:08

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間6月18日、Armベースのスーパーコンピュータとして世界最大規模となる「Astra」を発表した。これにより、エクサスケールに向けた競争がさらに興味深いものとなる。

 HPEは、サンディア国立研究所と、米エネルギー省(DOE)傘下の米国家核安全保障局(NNSA)の依頼に基づいてAstraを開発している。NNSAは国家の安全保障やエネルギー、科学、ヘルスケアなどに関連する高度なモデリングやシミュレーションといった用途でAstraを運用する計画だ。

 HPEの高度テクノロジグループのバイスプレジデントであるMike Vildibill氏が米ZDNetに語ったところによると、同社はArmベースの他のスーパーコンピュータ開発にも携わっているが、2018年中に引き渡される予定のAstraは「Armベースのスーパーコンピュータとして間違いなく世界最大規模のものになる」という。

 この高性能計算(HPC)システムは、Caviumが開発したArmベースのプロセッサ「ThunderX2」を5184基搭載している。各プロセッサには28のコアが搭載されており、駆動周波数は2GHzとなっている。Vildibill氏によると、Astraの理論ピーク性能は2.3ペタFLOPSを上回り、Armベースのスーパーコンピュータにとっての到達点の1つである、世界スーパーコンピュータランキングの100位以内という目標を余裕で達成できるはずだという。

 HPCのエコシステムを見た場合、今まではx86ベースのテクノロジが優勢だった。

 Vildibill氏によると、「同政府機関はArmを、未来においてエクサスケールを達成するうえで重要な役割を果たすマイクロプロセッサの1つと捉えている」という。

スーパーコンピュータ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]