編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

フィットネスアプリ「Polar Flow」に不具合--軍施設職員の位置が特定される可能性

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-07-09 11:53

 何百万人ものユーザーのアクティビティデータを追跡する人気フィットネスアプリが原因で、軍事基地や諜報機関で働く人々の位置情報が外部からアクセス可能な状態になっていた。

 「Polar Flow」と呼ばれるそのアプリは、ニューヨークに複数のオフィスを持つフィンランドのフィットネストラッキング大手のPolarによって開発された。今回、ブラウザのウェブアドレスを修正するだけで、誰でもPolar Flowユーザーの数年間にわたるフィットネスアクティビティにアクセスできるようになっていたことが明らかになった。

 自分のアクティビティトラッキング機能を公開するように設定しているほとんどのユーザーにとって、Polarの「Explore」マップで自分のワークアウトを投稿することは、1つの機能であり、プライバシー問題ではない。しかし、プロフィールを非公開に設定していても、フィットネスアクティビティのデータによって、自分の住んでいる場所が他者に知られてしまう可能性があるという。

 政府や軍の施設で働く人間の位置情報が暴露されれば、一瞬にして国家安全保障上のリスクになる可能性もある。

 しかし、Polar Flowによってそれらの職員のフィットネストラッキングデータが外部に漏えいしていた可能性が、オランダのニュースサイトDe CorrespondenttBellingcatの調査によって明らかになった。Polarの開発者用APIで不適切なクエリを実行すると、ランニングやサイクリングの各セッションなど、ユーザーのフィットネスアクティビティのデータを取得できてしまうという。

提供:Image: ZDNet/supplied
提供:ZDNet/supplied

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]