モバイルブラウザ「Firefox Focus」がアップデート--Android版は「Gecko」ベースに

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-10-03 10:51

 Mozillaは米国時間10月2日、軽量モバイルブラウザである「Firefox Focus」をアップデートした。

 Focusはページ読み込みの高速化を妨げる余計な機能を省いたブラウザであり、広告トラッカーのブロックやブラウジング履歴を保存しないことによるユーザープライバシーの強化を目的としていた。最初に「Android」版が登場したとき、FocusはGoogleのレンダリングエンジンを使っていたが、このたびのアップデートでMozilla自身の「Gecko」エンジンベースとなった。Mozillaによると、「Firefox Quantum」での改良を共有することが狙いだという。

 新しいFocusは、ユーザーがアドレスバーへの入力を開始すると検索エンジンからの提案が表示される機能を備えるとブログには書かれており、その機能性は一般のブラウザに少し近づいている。もっとも、プライバシーへの配慮から、デフォルトではこの機能は無効化されている。

 今回のアップデートで、Focusのアイコンも新しいモバイルOS(GoogleのAndroidとAppleの「iOS」)と調和するものに刷新された。iOS版では、Siriショートカットのサポートも追加されている。

提供:Screenshots by Stephen Shankland/CNET
提供:Screenshots by Stephen Shankland/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]