編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

無線LAN規格に新しい命名法、次世代規格802.11axは「Wi-Fi 6」に--Wi-Fi Alliance発表

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-10-04 08:22

 無線LAN規格のIEEE 802.11nと802.11acのうち、どちらが高性能か。

 米国電気電子学会(IEEE:Institute of Electrical and Electronics Engineers)が策定するWi-Fi規格に詳しい人ならば、その答えは後継規格の802.11acだと答えるだろう。ちなみに、次に登場する802.11axは、これら2つよりもさらに上だ。

 しかし、これらの用語を、理解しづらい英数字の並びではなく、もう少しわかりやすいものにするために、業界団体Wi-Fi Allianceはこれらの規格をそれぞれ「Wi-Fi 4」「Wi-Fi 5」「Wi-Fi 6」と呼ぶと発表した。

 電子エンジニアのような専門用語を使わなくても、どちらが上なのか、自分のスマートフォンや家庭用ルータは何に対応するのかが、より明確にわかるようにしようというのが、その考え方である。技術者であっても、IEEE 802.11は無線LAN、IEEE 1394はFireWireデータ接続(コンピュータやデジタルAV機器を接続するためのインターフェース)、IEEE 802.3はイーサネット接続に関する規格であることを覚えておくのは難しい。

 Wi-Fi規格そのものとしては、これまでのIEEEの技術的な名称を継続して使用する。Wi-Fi Allianceは、規格の開発過程の後半から標準化作業に参加する。同団体は消費者に規格が提供される少し前の段階から作業に加わり、端末メーカー各社が自社の製品に認証ロゴを表示できるように、認証プログラムを整備している。

 Wi-Fi仕様には、802.11a、802.11b、802.11gというさらに古いバージョンが存在するが、Wi-Fi Allianceは、過去に遡ってそれらに1、2、3というバージョン番号を付けることまではしないようだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]