編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

JCB、マーケティング自動化システムを構築--重複作業やミス削減で業務を効率化

NO BUDGET

2018-10-12 13:32

 JCBは、SAS Institute Japanが提供するマーケティング基盤「SAS Customer Intelligence」を導入した。会員情報システム「J-MARK」に長年構築してきた膨大なデータをオンプレミス環境から移動・複製することなく、クラウドで管理しているデータやチャネルと連携させたマーケティングオートメーション(MA)基盤を構築した。

 利用頻度の高い抽出条件・除外条件の共通部品化、シナリオ定義やステータスの可視化、承認ワークフローにおける第三者レビューのシステム化によって、重複した作業やミスを削減し、業務を効率化する。

 J-MARKをはじめとする既存資産を活用や、固有要件によるカスタマイズ設計など、システム構築にはSASも協力した。これにより、貸金業法などの法規制や企業ポリシーに従った顧客対応要件にも柔軟に対応した。

 また、これまで手作業で処理していた効果検証用のレポート作成も自動化された。一般的なメール開封率やクリック率などのKPI(重要業績評価指標)監視だけでなく、マーケティング施策実行後のクレジットカードの利用回数や利用額といったKGI(重要目標達成指標)の変化を即座に評価できるようにしている。

 JCBでは今後、マーケティング担当者の仕事をより高度な分析作業にシフトさせ、シナリオ改善や新たなマーケティング施策の企画・実行などに注力する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]