米医療保険サイト「Healthcare.gov」関連システムで7.5万人の情報に不正アクセス

Catalin Cimpanu (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-10-22 15:10

 ハッカーが「HealthCare.gov」に関連のある政府のシステムに不正侵入し、約7万5000人の個人情報にアクセスしたという。米政府が米国時間10月19日に明らかにした。

 このシステムは「Federally Facilitated Exchanges」(FFE)と呼ばれ、メディケアメディケイドサービスセンター(CMS)によって管理されている。医療保険の代理店や仲介業者はFFEを使用して、公式のHealthCare.govポータルを通して提供される「オバマケア」のプランにユーザーを登録する。

 CMSによると、同センターは2018年10月13日、FFEで「異常なシステムアクティビティ」を検知し、即刻調査に乗り出したという。不正侵入は10月16日に明らかになった。

 CMSはプレスリリースで、「この異常な活動に関連のあった代理店と仲介業者のアカウントは停止された。万全を期すため、代理店と仲介業者の『Direct Enrollment』経路は無効化された」と述べた。

 CMSによると、同センターは19日、今後7日間以内に代理店および仲介業者向けのFFEのDirect Enrollmentを再び有効化する予定だという。

 米国市民は現在、このほかのHealthCare.govポータルや「Marketplace Call Center」を通して、オバマケアのヘルスケアプランに登録することができる。

 CMSによると、同センターは既にFBIにこの件を通知済みで、影響を受けた全ての人にも通知を行う予定だという。

 CMSのアドミニストレーターを務めるSeema Verma氏は、「われわれは影響を受ける可能性のある人々をできるだけ早く特定できるように努めている」と述べた。

 また、Verma氏は「一般の人々に、HealthCare.govとMarketplace Call Centerが現在利用可能であることを明確にしておきしたい。オープンエンロールメントが悪影響を受けることはない」としている。

HealthCare.gov

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]