編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

12月の「Chrome 71」、悪質広告の排除をさらに強化へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2018-11-06 08:29

提供:Stephen Shankland/CNET
提供:Stephen Shankland/CNET

 Googleのブラウザ「Chrome」で、閉じることのできないポップアップボックスや、個人情報を盗むために使用される可能性のある偽のシステムレポートなどを表示する、悪質なウェブサイトの取り締まりが強化される。

 2018年にリリースされたバージョン64以降、Google Chromeでは、ユーザーを予期せぬウェブサイトにリダイレクトしたり、悪質なポップアップ広告を表示したりするような、ウェブサイト上の一種のおとり行為を排除する試みを取り入れてきた。しかし、その保護策は十分ではなかった。Googleによると、こうした不快な体験の半分以上がブロックされず、そのほぼすべてが悪質または誤解を招く広告を含んでいたという。

 そこでGoogleは12月にリリースする「Chrome 71」から悪質サイトのフィルタリング機能を強化し、執拗で悪質な体験をともなう一部のサイトからすべての広告を削除する。ウェブサイト管理者は、Googleのツールを使って自分のウェブサイトに悪質な体験が含まれるかどうかを確認することができ、そのツールで指摘された問題を修正するための30日間の猶予を与えられる。Chrome製品マネージャーのVivek Sekhar氏が米国時間11月5のブログ記事で明らかにした。

 この動きは、ウェブ上に何を表示するべきで何を削除しなければならないかを一方的に決定する上でブラウザが担う役割を示している。例えば、詐欺サイトへのリンクや、スマートフォンやPCにマルウェアをダウンロードするように誘導するポップアップなどは削除しなければならない。ブラウザがウェブサイトのコードの指示どおりに受動的に動作するのをやめたのは15年以上前のことだが、新たな企てを検出して阻止する取り組みは、永遠に続くいたちごっこだ。

 Sekhar氏によると、新しいフィルタリング機能が不要ならばChromeの設定で無効にできる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]