編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
調査

IT人材、2019年はセキュリティのスキルなど高需要--Spiceworks - (page 2)

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-11-25 08:30

 ただし、回答者のキャリアプランは、年代によって大きく異なっている。Spiceworksによれば、ミレニアル世代(1980年~2000年頃生まれ)の33%は2019年に転職する予定としているが、ベビーブーム世代(1940年代半ばから1960年代前半頃までの生まれ)の転職希望者は13%であり、ジェネレーションX(1960年代初頭から1970年代生まれ)では26%となっている。

 転職希望者の多く(62%)は、給与アップを目的としている。同社によれば、ITプロフェッショナルの年間給与の中央値は、米国では7万ドル(約790万円)、欧州では5万5000ユーロ(約700万円)だったが、3分の1以上が過去12カ月間に昇給を受けていなかった。

 また52%は転職を希望する理由としてスキルを伸ばすことを挙げており、36%はワークライフバランスの改善を求めている。

 SpiceworksのシニアテクノロジアナリストPeter Tsai氏は、「全体として見れば、2019年のITプロフェッショナルの雇用状況は有望だ」と述べている。「その結果、多くのテクノロジプロフェッショナルが、より高い給与やスキルを向上させる機会が得られる仕事を求めて、履歴書に磨きをかけている。同時に多くの企業(特に大企業)は、サイバーセキュリティ、AI、DevOpsに詳しい従業員を求めているため、これらのスキルセットを備えた人材の需要は高まるだろう」

ITキャリア

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]