編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

金属加工品の受発注をマッチング--キャディが10.2億円を調達

ZDNet Japan Staff

2018-12-14 11:00

 製造業における金属加工品の受発注プラットフォーム「CADDi(キャディ)」を運営するキャディは、12月14日までに第三者割当増資を実施し、約10億2000万円を調達したと発表した。

 CADDiは、発注メーカーと町工場のマッチングをサポートする受発注プラットフォーム。3D CADデータをアップロードして数量や材質、塗装などのパラメータを指定すると、独自開発の原価計算アルゴリズムが価格と納期を数秒で算出・表示する。その上で、品質・納期・価格が最も適合する会社とマッチングする。

CADDiのビジネス概念図(出典:キャディ)
CADDiのビジネス概念図(出典:キャディ)

 発注側に対しては、低価格で高品質な加工品の安定発注を可能にするとともに、受注側である加工会社に対しては、相見積もりによる失注をなくし、安定的に案件を提供するという。サービスの利用社数は2000社を超え、全国の提携加工会社数は約70社に達する。

 現在の主な取り扱いは板金加工品だが、2019年春には金属や樹脂の切削加工品にも対応する予定。今後は受発注だけでなく、製造業の設計から製造、物流、販売までのバリューチェーン全体を支えるプラットフォームを構築するとしている。

 今回の調達資金は開発費用と人材採用に充当し、組織基盤の強化に取り組む。引受先は、DCM Ventures、WiL、グローバル・ブレイン、グロービス・キャピタル・パートナーズ、個人投資家になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]