編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

三菱地所、商業施設でビーコンの実証実験--行動・購買データを集客・販促に活用

NO BUDGET

2019-01-22 17:42

 三菱地所は、顧客の行動データと購買データを用いた集客・販促施策として、横浜のみなとみらいエリアでビーコンを用いた実証実験と開始した。期間は1月18日から3月31日まで。

実証実験イメージ(出典:三菱地所/unerry)
実証実験イメージ(出典:三菱地所/unerry)

 同実証では、「MARK IS みなとみらい」「ランドマークプラザ」「スカイビル」の3施設にある共用部や店舗内(208店舗)にビーコン端末を約400個設置。実験に併せて開発したアプリ「みなとみらいスタンプラリーアプリ」をダウンロードした顧客が、このビーコン端末の電波圏内に入るとシステム上で検知されるようにする。

 その上でunerryが提供する、施設来訪者の行動データ基盤「Beacon Bank」を活用し、来館・来店などの行動データを分析する。さらに、アプリと商業施設内で利用できるポイントカード「みなとみらいポイントカード(三菱地所グループCARDみなとみらいポイントカード一体型含む)」を連携して利用してもらい、行動データに購買データをひも付けて分析する。

実証実験で新たに把握を目指すデータ(出典:三菱地所/unerry)
実証実験で新たに把握を目指すデータ(出典:三菱地所/unerry)

 今回の実証により、顧客の行動特性や商業施設内の回遊ルート、商業施設間の買い回り動向を把握し、効果的な集客施策や施設運営に役立てていく。また、検出された来館・来店情報をもとに、顧客の嗜好にあった最適なクーポンやお知らせなどを「みなとみらいスタンプラリーアプリ」を通じてプッシュ通知することで、よりきめ細かな顧客コミュニケーションを実現していく。さらに、今回取得したデータは、集客・販促活動への活用のほか、エリアそのものの集客・マーケティングへの高度利用にも役立てる方針だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]