TIS、Oracle DBのクラウド移行支援--事前評価から運用までをワンストップで提供

藤代格 (編集部)

2019-01-30 07:15

 TIS(新宿区)は1月29日、「Oracle DB クラウドマイグレーションサービス」を発表した。オンプレミスで稼働する「Oracle Database(Oracle DB)」のクラウド環境への移行支援と、バックアップや運用監視、管理など移行後の運用までをワンストップで提供するという。

 移行先にはOracle CloudとAmazon Web Services(AWS)が選択可能。IaaSレイヤーだけでなく、Oracle DBのミドルレイヤーも含めて移行できるとしている。

 既存システムを調査、評価し、クラウド移行の基本方針を策定する「アセスメントサービス」、実際のクラウド環境やDB基盤の構築、DBの移行やバージョンアップ、検証を実施する「クラウド環境移行サービス」、移行後のIaaSレイヤーとDBレイヤーを運用、監視する「運用サービス」、クラウド環境へのアクセス監査を実施し、不正アクセスなどのセキュリティリスクを早期発見する「セキュリティ対策サービス」で構成。

 クラウド移行により、ソフトウェアライセンスのコスト最適化、DBの最新バージョンへのアップグレード、運用負荷軽減や効率化、サーバーリソースの有効活用などが期待できるという。

サービス概要図(出典:TIS)
サービス概要図(出典:TIS)

 税別料金はアセスメントサービスが50万円から、クラウド環境移行サービスが100万円から、運用サービスが月額のサービス利用料として2万円から。セキュリティ対策サービスは個別見積もりとなっている。

 TISは、 Oracle Platinum PartnerおよびAWS Partner Networkのプレミアコンサルティングパートナーに認定されている。双方の実績、ノウハウを組み合わせ、クラウドマイグレーションサービスを提供するという。

 オンプレミス環境でOracle DBを利用、システムを運用している企業や、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「Oracle E-Business Suite(Oracle EBS)」などの大規模な基幹系システムを運用している企業向けに販売し、2023年までに100社へのサービス提供を目指すとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]