編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

アップル「Marzipan」プロジェクト、2021年には「iPhone」「iPad」「Mac」のアプリを統合か

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-02-21 11:52

 Appleは、「iPhone」や「iPad」「Mac」向けのいずれかのアプリを開発するだけで、これらすべてのデバイス上でアプリを動作できるようにしようと計画しているという。Bloombergが米国時間2月20日に報じた。

Apple
提供:Silas Stein/picture alliance via Getty Images

 Bloombergは、複数の匿名情報筋からの話として、Appleが2021年までに、この「ユニバーサル」なアプローチを実現したいと考えていると伝えている。

 このアプローチが実現した暁には、開発者は作成したアプリをプラットフォームごとにアプリストアに登録しなくても済むようになる。つまり、「App Store」が一本化され、ユーザーはMacから直接「iOS」向けのアプリをダウンロードできるようになるわけだ。

 同社は2018年の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)において、こうした取り組み(開発コード名:「Marzipan」)の一部を明かしている。

 Appleにコメントを求めたが、回答は得られなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]