編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

パスワードを使わない「WebAuthn」がウェブ標準に--W3Cが勧告

Marrian Zhou (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-03-05 10:39

 World Wide Web Consortium(W3C)とFIDO Allianceは米国時間3月4日、「Web Authentication(WebAuthn)」をログイン用の正式なウェブ標準とすることを発表した。

提供:Getty Images
Web Authentication(WebAuthn)はブラウザおよびプラットフォームの標準だ
提供:Getty Images

 両団体は、プレスリリースの中で次のように述べている。「パスワードの有効性が信頼できるものではないことは広く認識されている。データ漏えいの81%が、パスワードの盗難のみならず脆弱もしくはデフォルトのパスワードの利用によって発生しており、これらは時間と資源の浪費となっている」

 W3CとFIDO Allianceによれば、WebAuthnはよりシンプルで堅牢な認証プロセスを実現するブラウザおよびプラットフォームの標準だ。ユーザーは、自分の好きなデバイスや生体認証、あるいはFIDOセキュリティキーを使って、自分のオンラインアカウントにログインできる。

 WebAuthnはすでに、「Windows 10」と「Android」、およびブラウザの「Google Chrome」「Mozilla Firefox」「Microsoft Edge」「Safari」でサポートされている。正式なウェブ標準となったことで、パスワードに代わってWebAuthnの採用が広がるはずだ。

 パスワードの利用は減少している。Googleは2月、Androidが「FIDO2」認定を取得したことを明らかにした。FIDO2は、パスワードの代わりに指紋やセキュリティキーを使って、デバイスからアカウントにログインできるようにするための仕様だ。この変更により、「Android 7」以降のOSを搭載するすべてのデバイスが影響を受ける。これは、全Androidユーザーの半数に相当する。その台数はおよそ10億台だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]