編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NTTドコモ、農業界向け働き方改革ソリューションパッケージを提供

NO BUDGET

2019-03-22 09:30

 NTTドコモは、農業界向けにRPA(ロボティックプロセスオートメーション)を活用した働き方改革ソリューションパッケージを4月1日より提供すると発表した。

 同パッケージは、PC上の定型業務を自動化することのできるRPA「WinActor」と、手書き文字をデータ化することのできるOCR(光学文字認識)を組み合わせたもの。2018年7月から山口県の下関農業協同組合(JA下関)との実証実験も行っている。同実証では、オペレーターがシステムへ受発注情報を入力処理していた業務の自動化することを目指し、農家からの手書き注文書をOCRで読み取ってデジタルデータ化し、オペレーターによる入力作業をRPAで自動化することに成功した。

サービスイメージ
サービスイメージ

 この取り組みによって、職員の生産資材などの予約注文作業時間を約1500時間、80%削減できた。現在JA下関は、RPAを活用したデータ集計による営農指導の充実とタブレットによる受発注作業の効率化推進に取り組んでいる。

 同パッケージの利用料金は、スキャナー、OCRソフトウェア、RPA(WinActor)ライセンスの貸し出し、各種初期設定、操作研修、サポートを含めた2カ月トライアルパックの場合で69万円から。本契約する場合は279万4000円からとなる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]