編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ドコモの常設5G技術検証環境に顔認証デモシステム--回線工事などなく容易に設置

NO BUDGET

2019-01-15 10:32

 NECは1月9日、NTTドコモが沖縄県内に開設した常設5G技術検証環境「ドコモ5Gオープンラボ OKINAWA」に、次世代通信インフラ基盤「MEC(Multi-access Edge Computing)」を活用した顔認証デモシステムを提供した。

 ドコモ5Gオープンラボ OKINAWAは、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参画する企業・団体向けに、5G基地局装置などを無償で利用できる技術検証環境を提供する施設。5Gを活用した新たな利用シーンを創出し、沖縄県における産業振興や各種社会課題の解決を目指すもので、NECは同ラボへ4.5GHz帯の周波数を用いた5G基地局装置を提供している。

5GとMECのネットワーク構成(出典:NEC)
5GとMECのネットワーク構成(出典:NEC)

 今回導入したデモシステムでは、モバイルネットワーク下においても、5GとMECを活用することにより瞬時の顔認証を実現する。NECの顔認証AIエンジン「NeoFace」、サービスの状態に応じてネットワークの動的な最適化を行う「Context-aware Service Controller」、カメラ映像からリアルタイム侵入・物の置き去りなどを高精度かつ自動で検知する「高度映像解析 行動検知ソリューション」をより端末に近い位置に設置するMECサーバに搭載している。また、仮想化モバイルコア「vEPC(virtualized Evolved Packet Core)」も活用している。

5G基地局装置(左)とデモ画面(出典:NEC)
5G基地局装置(左)とデモ画面(出典:NEC)

 これにより、イベント会場など一時的に顔認証システムを導入する場合においても回線工事などを実施することなく容易に設置できるようになり、動的なネットワーク帯域幅の割り当ても実現する。検知カメラが人の動きを検知すると最適なネットワーク帯域幅が確保され、顔認証に使用する映像が高精細なものに変化する。また、平常時はネットワーク帯域幅の消費を最小限に抑え、ネットワークへの負荷を低減できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]