「ICANN64」で議論されたインターネットの課題--リテラシ教育や新技術対応など

野々下裕子 2019年03月25日 07時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 インターネットの資源であるドメイン名やIPアドレス、プロトコルなどを管理する非営利公益法人のInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)の公開会議「ICANN64」が3月9〜14日にかけて神戸で開催された。日本での開催は2000年の横浜から19年ぶり2回目。日本語訳サポートや関連イベントの開催もあり、国内から200人以上が参加し、初めて参加する関係者も多かったという。

 ICANNは1998年の設立以来、グローバルなインターネットコミュニティーによる方針策定をマルチステークホルダーアプローチで実施してきた。インターネットを統治、管理するガバナンスに関わる人たちも多く参加しており、大きく以下のような5つを課題として取り上げている。

  • ドメイン名文字列(ラベル)に関して
  • 「WHOIS」と呼ばれる登録ディレクトリサービス(RDS)関連
  • 技術、セキュリティと安定性
  • 政府・IGO(国際政府組織)とのエンゲージメント
  • IGF(グローバル、地域、国レベル)の支援、能力開発支援

 これらについてはさらに細かいテーマごとにグループを設けるなどして、オンラインや電話会議で議論が行われているが、理事や主要なメンバーが直接意見を交わし、寄せられたコメントをもとに議論し、まとめる場として公開会議が年3回、世界各地で開催されている。議題はその時々で変わるが、2021年から5年間の戦略計画の策定といった全体に関するものもある。

会議全体の大きな課題や決議目標は初日に理事らから紹介される
会議全体の大きな課題や決議目標は初日に理事らから紹介される

 決議される課題はドメイン名のサーバシステムに関するものなど技術的なものから、欧州の一般データ保護規則(GDPR)やドメイン登録に関するものまで幅広く、全体でも300以上のセッションがあり、そのうち296は公開セッションとして、議事録や資料はオンラインで公開されている。14日の最終日には会議期間で交わされた議論についての報告や意見をコメントするプログラムもあり、それによると全体の60%がユニバーサルアクセスに関するものだったという。

最終日には多くのメンバーが議論の報告や意見の提案、会場からの質問に答えるセッションが複数開催され、直接コメントする機会も用意されている
最終日には多くのメンバーが議論の報告や意見の提案、会場からの質問に答えるセッションが複数開催され、直接コメントする機会も用意されている

 ユニバーサルアクセスとは、国籍や性別、年齢などあらゆる要因に関わらず、誰でも同じようにインターネットを利用でき、情報を得られるようにすること。世界中で新しく利用者が増えるのに応じて、さまざまな課題が生じている。例えば、インターネットのアクセスはアジアで大幅に増え、多くは英語以外の言語で利用されている。

 ドメインは基本的にASCIIコードが使われているが、それ以外の言語や右から左への記述にも対応することで、文化交流や経済、ビジネスでも多くの人たちがチャンスを得られる。理事からは「技術的な対応は可能で、ブラウザやOSでもサポートするため、どのような活用方法があるかの情報共有も進めていきたい」とコメントがあった。

ドメインをメールアドレスを英語以外の言語やさまざまな入力方法に対応するよう意見が出されていた
ドメインをメールアドレスを英語以外の言語やさまざまな入力方法に対応するよう意見が出されていた

 ドメイン名は10年間で大きく増えており、認定や管理ルールについて次々に生じる新しい課題に対する議論が続いている。新しいところではUnicodeで定義された絵文字をドメイン登録できるようにするかといった話もある。他にも、Amazon.comは自社製品名に関連するドメイン名を多く取得しているが、それに加えて「.amazon」をはじめとする多数のドメインをICANNに申請しており、これらを認定するかどうかも議論されているが、現時点では結論は出されていない。

ドメインはこの10年で大幅に増え、登録や管理が複雑になっている
ドメインはこの10年で大幅に増え、登録や管理が複雑になっている

 新しいサービスやテクノロジへの対応も話題に上っていた。一つはスマートスピーカに関するもので、ユーザーが音声でインターネットにアクセスする場合に正しいドメインにたどり着く方法や、ローカル言語への対応をどうするべきかという意見が出されていた。

 音声での問い合わせに回答がない場合、技術的な問題なのか、それともプロテクトされているのか、場合によっては偏った情報にしかアクセスできないようコントロールされているのではないかといった懸念もある。ただし、これらはコンテンツに関するものでICANNで議題にするかどうかはその場で具体的なコメントはなかった。

 他にもインターネット教育に関してもいろいろな意見が出されていた。ある調査によると若いデジタルネイティブ世代ほど、ドメイン名やIPアドレスの概念を分かっておらず、リテラシ不足でインターネット本来の価値を理解していないのではないかという意見もあった。いずれにしても、インターネット教育は不可欠で、「これからアクセスが増える地域もあり、どのような方法で行うかみんなで話し合っていきたい」というコメントが理事から寄せられていた。

会期中には若い世代がインターネットの普及や新しい提案をするプログラムもあり、多くがアジアからの参加者だった
会期中には若い世代がインターネットの普及や新しい提案をするプログラムもあり、多くがアジアからの参加者だった

 世界人口のほぼ半分がアクセスするインターネットに対しては、国連が管轄するInternet Governance Forum(IGF)でも議論されている。主な話題はインターネットの信頼性や安全性の確保で、各国の政府からも意見が出される。基本はマルチステークホルダーで運営されているが、テロ活動やフェイクニュースの影響により規制も必要だとする声も出始め、このままでは国家が一方的に権力を持つことになりかねない。

 そうした事態にならないよう働きかけることができる場がICANNであり、多くの人たちに開かれた場になっている。これからインターネットを普及させようと課題に直面している地域から参加している人たちが会議に参加し、積極的にコメントしているのが印象的だった。

理事に直接コメントするために多くの人たちがインターネットガバナンスに関して数多くの議論が交わされる
理事に直接コメントするために多くの人たちがインターネットガバナンスに関して数多くの議論が交わされる

 議論は英語で行われ、専門用語も多く、技術的に難しい話題も多数ある。実際、最後の締めくくりである「ICANN Board Meeting(理事会)」では19人の理事が参加し、12項目について決議が行われたが、日本語訳を聞いてもなかなか理解できない。そうした情報については今後、日本語で活動している組織から情報が提供されることを期待したい。そのためにはまずICANNの活動に少しでも関心を持ち、できれば再び、日本での公開会議の開催を誘致する活動を後押ししたいところだ。

ICANN65が開催されるモロッコのマラケシュから参加のサポート内容などが紹介された
ICANN65が開催されるモロッコのマラケシュから参加のサポート内容などが紹介された

(取材協力:日本ネットワークインフォメーションセンター)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]