編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル、電子メールをインタラクティブにする「AMP for Email」を一般提供

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-03-27 08:43

 「Gmail」をさらにダイナミックなものにしようというGoogleの取り組みである「AMP for Email」が、一般提供された。

ダイナミックな電子メールの例
ダイナミックな電子メールの例
提供:Google

 ダイナミックな電子メールの概要は2018年の開発者プレビュー版で明らかにされている。電子メール内でインタラクティブなコンテンツを作成するというのが、その大まかな概念だ。

 マーケティング担当者にとっては、顧客とより良いサービスに向けた、さらに興味深い宣伝やアウトリーチプログラムが構築できるようになる可能性がある。また、コラボレーションに利用することも可能で、例えば、出欠確認、アンケート、カタログ、「Googleドキュメント」へのリンクを電子メールに含めることができる。AMP for Emailのメッセージは、最新の状態を維持することにより、常に最新のコンテンツを提供することも可能だ。

 Googleはブログ記事で、Gmail、「Yahoo! Mail」「Outlook」「Mail.Ru」などの電子メールプロバイダーがAMP for Emailをサポートすると述べた。また、Booking.com、Doodle、Pinterestなどの企業がダイナミックな電子メールを利用するという。

 顧客サービスの面では、AMP for Emailは、コメントやコミュニティー掲示板に直接返信する機能を提供する。Pinterestでは、Gmail内からユーザーが新しいアイデアを発見して、ボードに保存できるようになる。

 ダイナミックな電子メールは、ウェブ版Gmailのユーザーを対象に米国時間3月26日に提供開始され、後にモバイル版でもサポートされる予定だ。「G Suite」の顧客は、管理コンソールでEmail for AMPを有効化できるようになる。

AMP for Email

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]