ハッキング依頼サービスの多くは詐欺?--グーグルら調査

Catalin Cimpanu (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2019年05月21日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 オンラインで利用可能なハッキング依頼サービスは、われわれが思っていたとおり詐欺であり、効果がない場合が多いことが、Googleとカリフォルニア大学サンディエゴ校の学者らによる新しい調査で先週明らかになった。

セキュリティ

 研究者らは、「ユニークなネット上の架空の人格を使用して、27のそうしたアカウントハッキングサービスプロバイダーと直接連絡を取り、われわれの選んだ被害者のアカウントに侵入するよう依頼した」と述べた。

 「これらの被害者は、『ハニーポット』の『Gmail』アカウントとなり、Googleの協力の下で運用された。そのため、われわれは被害者、そしてわれわれの作り出したオンラインペルソナのほかのでっち上げの側面(例えば、ビジネスウェブサーバーや友達およびパートナーの電子メールアドレス)との重要なやり取りを記録することができた」

 調査チームによると、彼らが連絡を取った27のハッキングサービスのうち、10は問い合わせに応答することはなかった。12は応答したが、実際に攻撃を試みることは決してなかった。結局、テスト用のGmailアカウントに攻撃を仕掛けたハッキングサービスは、わずか5つだった。

 応答したものの攻撃を仕掛けなかった12のサービスのうち、9つはGmailアカウントのハッキングはもう手がけていないと述べた。一方、残りの3つは詐欺のようだった。

Mirian et al.
提供:Mirian et al.

 研究者らによると、これらのサービスは通常100~500ドル(約1万1000~5万5000円)の料金を請求するが、自動化されたツールを攻撃に使用したサービスは1つもなかったという。

 多くの攻撃でソーシャルエンジニアリングが使用され、ハッカーはスピアフィッシングなどで被害者ごとに攻撃を微調整した。標的にすべき被害者について詳しい情報を求めたハッカーもいたが、わざわざそのようなことはせず、再利用可能な電子メールフィッシングテンプレートを使う方法を選んだハッカーもいた。

 攻撃を仕掛けたハッカーの1人は被害者のアカウントの認証情報を狙ってフィッシング攻撃を仕掛けるのではなく、被害者をマルウェア(リモートアクセス型トロイの木馬)に感染させようとした。このマルウェアを被害者のシステムにインストールすることに成功すると、ローカルのブラウザーからパスワードや認証クッキーを取得することが可能になる恐れがある。

 さらに、なりすましのGoogleログインページに被害者をリダイレクトさせ、パスワードとSMSコードを取得して、リアルタイムで両方の認証をチェックすることで、2要素認証(2FA)をう回できた攻撃者もいた。

 またこの研究チームは、2FAをう回する必要があることを把握して、料金を倍増させているハッカーについても確認した。

 また研究者は、Gmailアカウントのハッキング料金が年々上がっており、2017年には1アカウントあたり125ドル(約1万4000円)だったが、現在では400ドル(約4万4000円)となっているものがあったとしている。

Mirian et al.
提供:Mirian et al.

 研究チームは、「しかし全体として、ビジネス化されているアカウントハイジャッキングのエコシステムは成熟しているとはとても言えないことがわかった」と述べた。「カスタマーサービスが不十分、応答が遅い、料金の広告が不正確といったものにたびたび出くわした」

 またこのチームは、「さらに、2FAをう回するための現在の手法は、U2Fセキュリティキーを導入することで緩和できる」と述べた。

 詐欺サイトは別として、ハッキング依頼サービスがユーザーアカウントを危険にさらすものであるとは見ていないと研究者は述べた。アカウントハッキングの料金が高いことや、サービスの質が低いことがその理由だという。

 この研究に関する詳細は、ホワイトペーパーで確認できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]