編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ムトウ、シャープの自動搬送装置とAGV集中制御システムを導入

NO BUDGET

2019-05-31 13:27

 医療機器商社のムトウは、シャープの自動搬送装置(AGV:Automated Guided Vehicle)17台と、AGVの集中制御システム「AOS(AGV Operating System)」を導入した。シャープが5月29日に発表した。

 導入した装置とシステムは4月にムトウが新設した物流倉庫「東京SPDセンター」(埼玉県越谷市)で5月下旬から本格稼働を開始している。

ムトウに納入された自動搬送装置(出典:シャープ)
ムトウに納入された自動搬送装置(出典:シャープ)

 AGVは磁気テープにより指定された軌道上を走行する。商品の入出庫時には、AGVに搭載のリーダーでバーコードを読み取ることで、所定の保管棚や荷積み場所などの目的地を倉庫管理システムから取得して無人で搬送する。ただし、AGVやカゴ車への積載・荷下ろし作業は人が行う。

 AOSはムトウの倉庫管理システムと連携し、AGVを最適に制御。商品の入出庫時の搬送からピッキング作業のアシストまで、一連の搬送作業を担う。これによりコンベアレスな物流倉庫の実現と業務効率化に貢献する。

「東京SPDセンター」での利用シーン
「東京SPDセンター」での利用シーン

 AGVに6輪台車を連結すれば、最大500kgまでの荷物をけん引可能。ピッキング時には、倉庫管理システムからの出庫指示をもとに、AGVが作業員を対象商品の保管棚前まで先導する。モニターにピッキング対象の商品名や商品番号が表示されるので、作業員の習熟度を問わずピッキング作業を行えるほか、最大で4つの出庫先の商品を同時にピッキングできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]