制御システムの脅威の大半はUSBメモリから--シマンテック

國谷武史 (編集部) 2018年10月23日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 米Symantecは、IT系セキュリティでは“老舗”ベンダーの1つだが、5年ほど前から工場などの制御システム、いわゆる「Operational Technology(OT)」を新規分野と位置付け、同領域へのセキュリティソリューションの展開を進めている。

 同分野を担当するIoTビジネス部門ゼネラルマネージャのKunal Agarwal氏は、15年以上にわたってセキュリティの研究に携わり、3年前からOT分野のセキュリティの研究開発に従事してきたという。「通信やエネルギー、ATMやPOSといった多種多様な業界やシステムの顧客と取り組んできた。IoTのセキュリティでは、よくネットワーク経由の脅威が叫ばれるが、特にOTにおける脅威はUSBメモリにある」と話す。

 制御系システム機器には、設計通りの機能を安定かつ確実に動作させることが求められる。従来は専用のハードウェアやソフトウェアで構成されるのが一般的だったが、コストダウンニーズへの対応などを背景として、徐々にIT系の汎用的なハードウェアやソフトウェアも採用されるようになってきた。ただ、安定性を最優先にすることから“枯れた”製品技術が利用される。その中にはWindows XPのように、既にサポートが終了しているものの多い。

Symantecの研究では制御システムにおける不正プログラムの主たる感染源はUSBメモリという
Symantecの研究では制御システムにおける不正プログラムの主たる感染源はUSBメモリという

 こうしたケースでの機器の設定や変更は、そのデータを管理用のPCなどを使ってUSBメモリに格納し、機器に接続して反映される。Agarwal氏が指摘するのは、USBメモリにデータを格納する際に接続するPCなどから不正プログラムが混入するリスクである。同氏によれば、昨今はIoTなどに関連してネットワーク接続される制御機器も増えているが、「われわれの研究調査では2017年に流行したWannaCryのようなネットワークベースの脅威は全体の20%ほどであり、やはり脅威の中心はUSBメモリにある」(Agarwal氏)という。

 同社では、OT向けのセキュリティ対策として、USBメモリ内部のセキュリティ状況を検査する「USB ICSP(Industrial Control System Protection )」と、事前に許可した以外のアプリケーションの動作を禁止するホワイトリスト型ソリューションを展開。いずれもRockwell Automationなどの制御機器メーカーのシステムでの動作検証などを踏まえて提供している。Agarwal氏は、特にUSB ICSPでのセキュリティ技術の高度化に注力していると話す。

 USB ICSPは、制御機器に使うUSBメモリを事前に「USBスキャニングステーション」と呼ぶ卓上機器につないで内部を検査する。検査にはIT系のセキュリティ技術を活用し、例えば、2億ユーザー以上のファイルの評価(レピュテーション)や不正プログラム検出のシグネチャ、機械学習アルゴリズムによる解析、エミュレーターによる動的解析を行う。正常なUSBメモリにはその識別子を付与し、制御システムのHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)機器へUSBメモリを接続した際に識別子をチェックすることで、制御システムの動作に影響を与えることなく、USBメモリを安全に利用できるようにしている。

 加えて現在は、ニューラルネットワークによる人工知能(AI)技術を利用した検査技術の開発も進める。「例えば、悪意ある動作を狙ったASCIIコードの微妙な特徴をシグネチャレスでより高精度に検知できるようにする」(Agarwal氏)。既にスニークプレビューの段階にあり、2019年中の本格採用を予定するという。

 こうしたセキュリティソリューションは、製造ラインシステムのアップデート時などのほか、船舶の制御装置にUSBメモリ経由で天候データなど取り込むようなシーンにも利用されているという。「OTのセキュリティはシンプルでもパワフルである」とAgarwal氏。10月の「CEATEC JAPAN 2018」では、USBスキャニングステーションの次世代モデルを参考出品した。USBメモリのスキャニング結果をリング状のLEDライトの色で通知する新機能などを披露し、“質実剛健”なOTセキュリティの世界にちょっとした新風も取り入れている。

開発中というUSBスキャニングステーションの次世代モデル。産業向け製品にかかわらず、筐体はスタイリッシュなスマート家電風デザインとなっている
開発中というUSBスキャニングステーションの次世代モデル。産業向け製品にかかわらず、筐体はスタイリッシュなスマート家電風デザインとなっている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]