編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

IoT機器が生成するデータは2025年に79.4ゼタバイトに--IDC

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-06-28 07:30

 IDCによると、機械やセンサー、カメラといったIoT機器すべてが生成するデータは、2025年には79.4ゼタバイトに達するだろうという。

 これは、IoT機器の数が世界規模で2025年までに416億台になるというIDCの予測に基づいている。こうした機器には機械やセンサー、カメラのほか、産業用設備も含まれる。

 IDCは、79.4ゼタバイトというデータには、小型機器から単発的に生成される稼働状態やステータスのようなデータから、ビデオ監視カメラから生成される大量の非構造化データに至るまでの、ありとあらゆるものが含まれていると述べている

 全体で見ると、IoT機器からのデータは2018~2025年の間に年平均成長率(CAGR)で28.7%増えるとIDCは予測している。ほとんどのデータは、ビデオ監視アプリケーションから生成されるが、産業データや医療データもますます増加するとIDCは述べている。

 またIDCはメタデータが、インテリジェントなシステムに情報を与えたり、パーソナライゼーションを強化したりする上で重要になってくると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]