編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

みらかホールディングス、ITアウトソーシングで運用人員を30人から5人に集約

NO BUDGET

2019-07-03 09:15

 みらかホールディングスは、日鉄ソリューションズ(NSSOL)の包括的ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」を採用し、事業会社ごとに構築・運用していたITインフラを10カ月の短工期でグループ共通ITインフラに統合した。これにより運用業務を30人から5人に集約した。NSSOLが発表した。

 みらかホールディングスは、臨床検査や検査試薬を中心とした事業を展開している。IT部門では国内約20社、約120拠点を対象にしたグループ共通のIT環境の整備を進めており、グループウェア統合やテレビ会議システム導入など、働き方の改革と効率化を実現する施策を実施してきた。同時に、事業会社や部門ごとに分散していた約1000台のサーバーの集約や個別運用の一元化など、ITインフラの運用維持に関する業務をアウトソースして効率化していくことを目指していた。

「NSFITOS」の導入効果
「NSFITOS」の導入効果

 同社はNSFITOSを活用し、分散していたサーバー500台を対象にNSSOLのマネージドクラウドサービス「absonne」と「第5データセンター」に集約中で、次世代運用サービス「emerald」へのアウトソースを開始している。グループ共通ITインフラの運用体制は、emeraldによる運用プロセスの統一と自動化が適用されており、大幅な運用人員の削減とともに、事業側からのリソース調達要求にも短期に応えられるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]