編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

Dropbox、ファイル転送サービス発表--1ファイルあたり最大100GBまで対応

藤代格 (編集部)

2019-07-12 07:15

 Dropbox Japan(千代田区)は7月10日、ファイル転送サービス「Dropbox Transfer」を発表した。同日から一部のDropboxユーザーに対してベータ版として提供。順次登録を受け付けているほか、近日中にすべてのユーザーが利用できるようになるという。Dropboxユーザーであれば料金は発生しない。

 一般的な他サービスの約5倍という、最大100GBのファイルサイズまで対応。アップロードから送信までがドラッグ&ドロップと数クリックの操作でできるという。

 ファイルがDropbox上にある場合、指定するだけでリンクを生成。アップロードの手間なくそのまま送信できるという。

 受信、ダウンロードはDropboxユーザー以外でも可能。パスワードや有効期限の設定、ダウンロードされたかの通知、ダウンロード回数の統計などの機能もある。届くファイルはコピーで、元のファイルにアクセスされる心配はないとしている。

パスワード、有効期限の設定画面(出典:Dropbox Japan)
パスワード、有効期限の設定画面(出典:Dropbox Japan)

 ダウンロードページは背景色やアートワークの変更、企業ロゴや独自画像のアップロードなどカスタマイズ可能。費用をかけずに独自のファイル転送サービスを利用しているかのように見せられるという。

 Dropboxのファイル共有は共同作業の基盤として便利だが、権限付与や継続的アクセス、保存場所などを気にせずにファイルを受け渡したいというニーズもある。メールは、ファイルを相手に簡単に送れるというメリットがある。一方で添付できるファイルのサイズに制限がある、受信者がファイルを見たかどうか分からないというデメリットもある。今回のDropbox Transferはそうした課題に対応するものと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]