編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Android 10」、正式リリース--まず「Pixel」端末に

Richard Nieva (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2019-09-04 10:28

 Googleは米国時間9月3日、同社のモバイルOS「Android」の最新バージョン「Android 10」を自社の主力スマートフォン「Pixel」向けにリリースした。同社ではこの先行配信を踏まえて、2019年中には同OSを他社製Android端末へも提供していくとしている。

提供:Angela Lang/CNET
提供:Angela Lang/CNET

 Android 10では、ダークモードのサポート、セキュリティ設定の改善、着信やメッセージを「バブル」形式でホーム画面に表示する通知機能など、複数の新機能が追加されている。またオーディオの字幕をリアルタイムに作成する「Live Caption」も今秋にリリースされ、GoogleのPixelスマートフォンに最初に提供される予定となっている。


ダークモード
提供:Google

 Googleは8月、Androidの従来の命名規則を廃止し、新バージョンはシンプルなAndroid 10という名称にすると述べていた。同社では従来、OSの新バージョンにスイーツの名前を使っていた。

 Androidは世界的に圧倒的なシェアを誇るモバイルOSで、全世界で出荷されるスマートフォンのほぼ10台に9台が同OSで動作している。しかし、Androidの新バージョンをめぐるGoogleの最大の課題は、それをユーザーのスマートフォンに実際にインストールすることだ。携帯通信事業者や端末メーカーによっては移行が遅れる可能性があるためだ。

 例えば、1つ前のバージョンである「Android Pie」は、Androidスマートフォンの10.4%にしかインストールされていない。Android Pieの前にリリースされた3つのバージョンが、Androidスマートフォンの64.4%を占めている。これとは対照的に、「iPhone」をはじめとするAppleの端末では、88%に同社OSの最新バージョンである「iOS 12」がインストールされている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]