編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

グーグル、AIでコールセンターを強化する「Contact Center AI」を一般提供

Stephanie Condon (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2019-11-15 10:52

 Googleのクラウド部門Google Cloudは米国時間11月14日、コールセンター向けの人工知能(AI)ソリューション「Contact Center AI」の一般提供を開始したと発表した。Contact Center AIを利用すると、企業は基本的な顧客対応に「Virtual Agent」(仮想エージェント)を導入できる。また、通話内容のテキスト化やワークフローの推奨など、AIを利用した支援をしてくれる「Agent Assist」(エージェントアシスト)機能を利用できる。

 Googleはまた、「Dialogflow」のアップデートも発表した。Dialogflowは、チャットボットや自動音声応答装置(IVR)といった対話用インターフェースを構築するための開発スイートだ。新たなエージェント検証機能により、設計者は仮想エージェントの品質やパフォーマンスについてフィードバックが得られる。Dialogflowはまた、HIPAA(医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)およびデータセキュリティ基準PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)の順守にも対応した。

 Googleはさらに、自然言語処理を改善し、より正確で自然な会話ができるようにした。また、「Dialogflow Telephony Gateway」を拡大してIVRパートナーを加えた。これらのパートナーは、各組織がIVRシステムを設置し、既存の電話番号を使ってDialogflowの仮想エージェントにアクセスできるよう支援する。

 今後は複数の統合パートナーがGoogleと協力して、組織がContact Center AIを実装できるよう支援する。こうしたパートナーには、AvayaMitel Networks8x8Cisco SystemsFive9GenesysSalesforce.comTwilioVonageなどが含まれる。企業は、既存のワークフローにContact Center AIを統合後3〜6カ月ほどで成果が現れるのを期待できると、Googleは述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]